藤井聡太7段の脳には将棋の手筋が詰まった神経核があるに相違ない

詰将棋は手筋の複合体であろうと筆者は推測する。推測と言うのは、筆者が詰将棋を殆ど解いた経験が無い為で、それが王手の連続で詰ましてしまうパズルという定義を知っているからである。そして難解な詰将棋は藤井聡太7段の参加した詰将棋選手権チャンピオン戦での話を聞く限り、棋士ですら解答が出せない程のものと推察する。 手筋と呼べるものの性質は、将棋の目的が相手玉を詰める事だけに、それを如何に効率化するかとい…

続きを読む